12月京都の見逃せない歳時

12月の京都は観光客比較的少なくて実はとってもおすすめ。

場所によって、紅葉もまだまだ残っていたり、ライトアップがあったりと、とっても穴場な季節なんです。

さらに、年末にかけて行事やイベントが沢山開催されます。

身も心も引き締まる凛とした空気の中で、あなたの知らない古都の風景を発見できるかもしれません。

いくつか、著名なものをピックアップしてみました。京都の冬を是非、訪れてみて下さい♡

■大福梅の授与

大福梅は、北野天満宮の境内で調製された梅6粒ほどを裏白を添えて奉書紙で包んだもので、招福息災を願い、元旦の祝膳の初茶として飲むと邪気を払い、その1年を健康で長生きに過ごせると伝わるものです。授与期間としては事始めの12月13日~31日まで社頭で授与されますが、数に限りがあるので、終い天神の25日頃までに終了することもあります。大福とは、梅を入れた茶を服して天皇の病が平癒した故事にちなんだ“王服”より転訛したもので、吉祥の意味が込められたおめでたい縁起物として昔から京都に伝わる慣習の一つです。

日程 2019年12月13日(金)~31日(火)
8:30~ ※なくなり次第終了
料金 700円
場所 北野天満宮

■終い弘法

「弘法さん」の名で親しまれる東寺の弘法市。1,000以上の露店が軒を連ね、多くの人で賑います。8:00ごろにはすべての店開きが完了。毎月21日に開催される市ですが、最終月は「終い弘法」と呼ばれ、師走の恒例行事となっています。味わい深い陶器の皿や古着、レトロな昭和の雑貨など、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

日程 2019年12月21日(土)
8:00~16:00
料金 無料
場所 東寺[教王護国寺]

■千本釈迦堂の大根焚き

「千本釈迦堂」は通称で、「大報恩寺」が正式名称です。大根焚きは、鎌倉時代に茲禅上人が大根の切り口に梵字を書いて魔除けとしたのが始まりです。今も梵字を書いた大根を加持祈祷した後、切り分けて炊き込んでいます。古くから諸病除けに良いと信じられてきた大根をいただくと、冷えた体も芯から温まります。

日程 2019年12月7日(土)・8日(日)
10:00~16:00
料金 境内無料、大根焚き1,000円
場所 千本釈迦堂[大報恩寺]

知恩院の除夜の鐘

大晦日の夜に鐘の音を聞くことで、一年間の煩悩を払いのけ、清らかな心で新年を迎える除夜の鐘。知恩院では22:40ごろから108回の鐘が撞かれます。寛永13年(1636)に鋳造された銅鐘は、日本三大梵鐘ともいわれ、総勢17人の僧侶が、「えーいひとつ」「そーれ」と声を掛け合って打ち鳴らすと、余韻を引く厳かな音色が辺り一帯を震わせます。一般参拝者は鐘を撞くことは出来ませんのでご注意ください。

日程 2019年12月31日(火)
料金 無料
場所 知恩院

 

■その他の12月の催事情報は下記リンクからご覧いただけます!

https://souda-kyoto.jp/travel/saijiki/12_main.html

[Review]2019年11月宿泊のお客様

NIMONの宿泊施設はとても魅力的であるだけでなく、
設備が整っていて、
とても落ち着いて、
小さな風呂ですが、京都を探索後はリラックスするために深く、
それに加えて、それは完全に市内に位置しています。

地下鉄駅は徒歩5分で、徒歩2分以内で会議や電動自転車を借りることができました。

2日間、私たちはその寺院、庭園、さまざまな近所を探索して街を旅しました。 楽チャリ自転車レンタル…

毎晩、私たちはニモンに戻り、非常に禅の場所を楽しみ、喜んでいた…私はNimonを心からおすすめします。

– 日本語訳 Google翻訳より –


英語でやりとりをしていましたが、レビューは母国語のフランス語でいただきました。ありがとうございました!またお会いできるのを楽しみにしています♥

 

ウィンタープロモーション!

冬のプロモーションのお知らせです!

当社のウェブサイトで2019年12月1日から2019年12月31日までの期間にご予約いただいた場合、清掃料金が50%オフになります!

通常、宿泊料金+清掃料金6000円のところ、清掃料金3000円になります。

プロモーションの有効期限:2019 2019年12月31日

ご予約の際、以下のクーポンコードをご入力ください。

ご予約をお待ちしております!

[Blog] 京都紅葉の見頃情報2019

気温がぐっと下がり、紅葉が美しい時期になりました。

真っ赤に染まる紅葉は、何故か心を惹き付けてやまない美しさがあります。

京都にお越しの際は、京都の美しい紅葉を絶妙のタイミングでご覧ください。

名所から穴場まで約70カ所の紅葉の色づき状況をレポートしてくれるサイトがあります。下記の画像をクリックしていただくとリンク先に移ります。

https://souda-kyoto.jp/travel/koyo/